この羽根木インターナショナルガーデンハウスという洗練された建物群に2019年11月に出会いました。 この場所がかつて「亀甲新」という醤油の醸造所であったこと所有・管理者の方からお聞きしました。 道路を挟んで西側には、その醤油工場の面影を残した集合住宅「亀甲新」が建っています。 敷地には旧母屋と庭の一部が保存され、かつて道路に面していた正門が移築されています。 入居されているのは、クリエイティブな仕事を中心とするオフィスや住居として、心ある方々が使用されています。 ここに何棟もの建物を建築する際に大きな樹木を一本も伐採せず移植をして創られたというお話しをお聞きし、未来に向けて何を残してゆくべきか、人びとの暮らしに大切なものとは何かということを知ることが出来ました。 「木漏れ日の中、ご家族や親しい人との散策の途中にちょっと立ち寄れるドーナツカフェ」 この地に出会いdear DONUTSが始まりました。