NEWS

「小渕もも」作品展 misaki blue

「小渕もも」作品展 misaki blue


※2020年9月7日より開催中!


ギャラリーとして初の展示は三崎にお住まいのイラストレーター「小渕もも」さんの作品展です。

本日より公開となりました。

巨大な木々に囲まれた素晴しいロケーションの羽根木インターナショナルガーデンハウスは京王井の頭線の新代田駅より徒歩5分。

dear DONUTSのオリジナルドーナツとドリンクをお楽しみいただけます。

今後、いろいろな作家の方々の展示が始まります。

ぜひ、お立ち寄りください。

※水曜日は定休日となっております。

dear DONUTS羽根木 藤沢宏光


●小渕ももプロフィール

桑沢デザイン研究所研究科卒業

木村勝のパッケージングデザインを経て、1980年第一回パルコグラフィック展入選後

原宿パレフランスの広告でフリーランスイラストレーターとして出発。

梅田阪急デパート、名古屋アピタ、新宿サブナードなどの広告ポスター、新聞広告。

北海道丸井今井 他のPR誌表紙イラスト、ミステリーマガジン表紙イラスト、その他女性誌の挿絵、

舞台美術、衣装デザイン、テキスタイルデザインの仕事の傍らオリジナル作品を発表。

2001年より、ロンドン・サンフランシスコ・ニューヨーク・ドイツなど居場所を移しながら創作活動を続ける。

2004年から2008年までタイのチェンマイに住み

HIVに母子感染した孤児たちの生活施設バーンロムサイで

子ども達と絵を描いたり物づくりをしながら創作活動を続けた。

2008年夏より神奈川県三浦半島在住。

1年に一度青山で個展を開催。

絵の他に陶器、その他のオリジナル作品を制作発表している。

2008年以降は絵本の制作に取り組んでいる。

著書

2003年 “ずっとずっと空の彼方までも行っている気分なのです” (アートン刊)

2004年 “サンフランシスコの花” (ユーリーグ刊) 

2010年 “ナナちゃんとささちゃん” (福音館書店刊)

2012年 “木の上のトーマス” (福音館書店刊)

2012年 “希望の扉リロダ” 渡辺有里子作(アリス館刊)

2015年 “あるひはるがきていました” (アリス館刊)

2018年 “みんなみんないそがしい” (至光社刊)

2020年 “たべるたべるたべること” (おむすび舎刊)

2021年 “あそびにきてください” (至光社から発刊予定)